簡単な工事で改善

電卓を持つ女性

断熱効果を高めるためのリフォーム

快適な生活をするためには、住宅の断熱効果を高めることが重要です。夏涼しくて、冬暖かい住宅で過ごすことが快適な生活の第一歩だからです。そのためにも、暑さや寒さをただ我慢するだけではなく、必要に応じてリフォームを行うことが大切です。特に、建物が老朽化してくると、屋根や外壁等の外回りのリフォームやキッチンや浴室などの水回りのリフォームなどが増えてきますので、いろいろなリフォームと合わせて断熱リフォームも行うことで、経費を抑えることができます。断熱効果を高めるリフォームは、主に断熱材を入れる工事になりますが、かなり大掛かりになりますので、部分的なリフォームに合わせて簡単な工事で断熱効果を高めることが有効です。

予算に応じたリフォームを実施

断熱効果を高めるためのリフォームを本格的に行うと、数百万円の費用がかかってきます。天井や床下にグラスウールを入れたり、外壁にポリスチレンフォームを入れたりすることで気密性を高めることはできますが、そのためにかなりの費用がかかります。低予算で行う場合には、開口部のリフォームだけする方法もあります。既存の窓ガラスをペアガラスに交換したり、既存の窓の内側に新しく窓を新設することによって、外気の流入を防ぐことができますが、この場合のリフォーム費用は、1か所あたり十万円程度で行うことができます。それだけでも、断熱効果は大きいですので、費用対効果を考えながら、必要な場所に集中的にリフォームを実施することが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加